​拓殖大学の部活・サークル

拓殖大学躰道部

たくしょくだいがく たいどうぶ

躰道ってどんな人がする武道?

大学から始める方が多い武道です。たいどうと読みます。

ほとんどの人が初めて聞いたかもしれません。 そのため、ほとんどが初心者から始めます。

運動経験ゼロだったけど大学から始めるという人も多いです。

また、女性会員が多いのも躰道の特徴です。

​大学生の男女比は女性が4割超、躰道全体でも女性が3割を超えるているので、武道としては珍しく女性が多いのではないでしょうか。 他の大学では女性が半分以上の大学もあります。

​海外での評価が高いYouTubeチャンネル(登録数30万人超)で拓殖大学躰道部が紹介されました。

躰道ってどんな動きをするの?

基本的には空手のような蹴ったりする動きが多く、倒れながら蹴る。ジャンプでかわしてパンチする。バック宙から蹴る。バック転からの技など多彩な動きをします。

​バック宙とか無理と思うかもしれませんが、分厚いマットを使って補助が入って練習するので安心です。

躰道の競技は?

大きく分けて3つの競技に分かれます。

【法形競技】

いわゆる型(かた)を競う競技。 相手を蹴ったりとかではなく、自身の体の動きをいかに綺麗に魅せるか、力強さを魅せるかの競技です。他の武道とは異なり、男性と女性で型の種類を分けています。男女で同じ型をするとどうしても体力の違いが出てしまいます。 躰道の場合、女性用の法形があるので、男女で比較すること自体があまりありません。これが女性会員が多い要素かもしれません。 戦い系はちょっと無理。だけど法形競技はOKという人も大勢います。それは男性でも同様です。 5人チームで同時に同じ法形をする団体法形という競技もあります。

【実戦競技】

1対1の戦い系競技。 ただし、躰道の場合は体重による階級等はありません。

体の大きな人もいれば小さな人も同じ条件での試合になります。

基本的に躰道は力で相手を倒すのではなく、まずは相手の技をかわすことを重要視しています。

大きな人と小さな人が試合をした場合、力勝負であれば大きな人が有利です。躰道はかわしながら相手に技を当てる。よけながら蹴るなどの要素を重要視しています。

​団体戦では5人で1チーム。計5試合の結果を競う団体実戦という競技もあります。

【展開競技】

躰道の一番の魅力という人が多い競技です。アクション映画のような動きを競技として競います。

主役1名 敵役5名でバトルを繰り広げます。

動きは事前に決めておいて、30秒以内というルールの下で、主役が順番に敵をやっつけていき、その内容を点数化して評価します。

【拓殖大学躰道部ってサークルとはちがうの?】

こちらのページで雰囲気がわかると思います。

お問い合わせ

©2019 by 拓殖大学躰道部

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now